11月4日─屋根の上のミーコはん

e0293448_104145.jpg
 指出しゾーンから目抜き通りに出て歩いていると空を見上げている人達がいるのでワタシも釣られてそちらを見ると…
 金子さんちの屋根の上にミーコはんがいた。

e0293448_175372.jpg
 T玉寺、白黒ゾーンで誰にも会えなかった(猫)がやっと指出しゾーンで影武者Ⅱに遭遇。


e0293448_1265776.jpg
 すっかり此処に定住できたようで良かった。しかし本家の影武者はどこへ行っちまったんだろう?

e0293448_112846.jpg
 (ジョン)寅ぼる太


e0293448_1204462.jpg
 豊満なボディは相変わらず。
 一時期あまりに太りすぎた為腰を悪くし、エサやり禁止の首輪をつけられていた事があった。

e0293448_123451.jpg
 しかしほとんどリバウンドしているなこりゃ。


e0293448_1261892.jpg
 久しぶりの閣下。


e0293448_1284853.jpg
 前はもっと愛想が良かったんだが最近は殆ど近づけない。
 リンク先の記事の写真を見るとまだ若造で今みたいなオヤジ猫じゃない。時の立つのはハヤイナー。
 (最後はなんか力抜けて棒読み)

e0293448_1423174.jpg
 で、話は冒頭のミーコはん(金子クン)に戻る。


e0293448_143640.jpg
 カメラのシャッター音に気づくとミーコはんはこちらに向かって降りて来た。


e0293448_1453699.jpg
 しかしここの猫達はワタシを憶えていて寄ってくるのだろうか。
 こちらを睨んでパシャパシャ言う黒くて小さな一つ目(一眼レフ)と一緒にやって来る人間は
 美味しいものをくれるヤツが多い、という程度の認識なんだろうな。

e0293448_21314.jpg
 飼い猫に昇格してもう長いのに食いしん坊さんなので大変立派な体格。ワタシが知る中で一番大きい猫だ。
 金太まー大きゅうなって(金子クンだがね)という事で抱っこしてみたら意外に大人しくしていた。
 ※大変重いので腕力と猫扱いに自信の無い方はミーコはんの抱っこはご遠慮ください。
   ムリに抱っこしようとすると暴れて大変危険です。

e0293448_2315113.jpg
 ミーコはんに嫌われている縞次郎。


e0293448_2323326.jpg
 アカ松


e0293448_2325774.jpg
 すぐ近くにデカパンも。


e0293448_2354826.jpg
 坂下からG坂に行く途中にクマが。


e0293448_2363468.jpg
 以前からたまにこの辺りでも見かけていたが 兄の不二子(♂)が亡くなってからは余計行動範囲が広くなったようだ。


e0293448_2422082.jpg
 おやG坂の入口にアキが。以前此処にいたマー君がハチワレ地区に移動したからだろうか。


e0293448_2441133.jpg
 G坂に行くといつものメンバーが。先ずはムチ男。


e0293448_2515241.jpg
 ※画像の右端が切れていますがクリックすると正常な画像が表示されます。


e0293448_252952.jpg
 そして寅次郎。チャトランは居なかった。


e0293448_253078.jpg
 入口へ戻るとまだアキがいた。


e0293448_2533425.jpg



e0293448_2534947.jpg
 食べ物の気配を感じたのかハルもやって来た。最近見かけないと思ったらこの辺りに移動していたのか。



e0293448_2554939.jpg
 メインストリートに戻るとリボンが。


e0293448_2582531.jpg
 ジロ吉も。三馬鹿大将(デカパン、アカ松、ジロ吉)はまだまだ健在だ。


e0293448_259477.jpg
 ラスカルの広場に行くと峰松が。


e0293448_2593199.jpg
 写真を撮っていたらネコハウスから出てきて愛想を振り撒いてくれた。
by tettuann | 2013-11-17 00:57
<< 11月9日─ナオコ&トト雄とハ... 10月26日─70-200/F2.8 >>