3月15日─茶フサ

e0293448_22564436.jpg
茶フサ



e0293448_22593225.jpg
ハク


e0293448_22594423.jpg
チョビ髭


e0293448_22595933.jpg
ジョン・寅・ボル太
年を取って衰えて来たので以前は格下として威張っていたチョビ髭に立場を逆転されてしまった。
チョビ髭を構っていると自分も構って欲しくててやってくるがチョビ髭に猫パンチされトボトボと離れていく。

e0293448_2352614.jpg
クマ
最近は以前居た坂下のY字路の神社脇と、さらにその前に居たG坂へ行く曲がり角に居る事が多い。

e0293448_2310121.jpg



e0293448_23101445.jpg



e0293448_2310263.jpg



e0293448_23103810.jpg
以前にも増して人懐こくなった。


e0293448_2311697.jpg
そのままG坂へ。
ムチ男は死んでしまった元相棒の奈々に対してもそうだったのだが
無神経にしつこくまとわりついて奈々を怒らせる事がよくあった。
この時もやっと自分を仲間として受け入れてくれるようになったチャトランにしつこくして睨まれていた。
どちらの場合も奈々や茶トランを構っている時に割り込んできて
ワタシではなく構われている本人の所へしつこくすり寄って邪魔をするのだ。

e0293448_23285632.jpg
ムチ男


e0293448_23341628.jpg
かれこれ2年位剥げていた傷跡がやっと塞がり綺麗な毛並みで覆われていた。


e0293448_23292173.jpg
寅次郎


e0293448_23293734.jpg
改めて茶トランを構う。


e0293448_2330314.jpg



e0293448_23301490.jpg



e0293448_23302672.jpg



e0293448_23303641.jpg



e0293448_23315638.jpg
メインへ回るとレストランタイムは終了していてハナだけが残っていた。


e0293448_23362061.jpg
ワイド氏がワタシの気配を察して現れた。


e0293448_2337985.jpg
クロ號Jr.も残っていた。


e0293448_23381091.jpg
ラスカルの広場へ行く手前の堆肥置き場に碧が居た。
目が見えないのによく上がれたな。

e0293448_23402771.jpg
ブルーシートの上なので青かぶりして色が変だが上手く修正できない。


e0293448_23413991.jpg



e0293448_2342326.jpg
トト雄
最後にハチワレ地区へ寄る。

e0293448_23424863.jpg



e0293448_23425838.jpg
茶フサの定位置の茂みに行ってみたが居ないのであきらめて帰りかけたら姿を現した。


e0293448_23445629.jpg
感動するほどの巨体、ほとんど完璧と言ってよい容姿、そして人懐こさ。奇跡だ。
by tettuann | 2015-03-24 22:57
<< 4月4日─28-300 3月8日─茶フサ >>