<   2014年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

0413─昼下がり

e0293448_5155082.jpg
 横浜を早めに切り上げて霊園に寄ってみた。

続きを読む
by tettuann | 2014-04-24 05:17

0412─熟年の三馬鹿大将

e0293448_19413721.jpg
 久々のデビル。
 喧嘩っ速いオス猫の宿命なのか右目が濁っている。
 ワイド氏よりは濁りが薄いから少しは見えているのか。

e0293448_19443697.jpg
 バリ子


e0293448_19445485.jpg
 ヨウスケ(無用ノ介)
 最初に此処へ流れ着いた時はまだ若くて荒ぶっていたがジロ吉とデカパンに粛清されて大人しくなった


e0293448_1945397.jpg
 アイちゃん


e0293448_19455783.jpg
 アイちゃんも体中傷だらけにしながらいつしか年老いている。


e0293448_2071998.jpg
 塀の外に戻って行った本田。声をかけたら振り向いた。


e0293448_2081115.jpg
 すぐこっちへやって来た。


e0293448_209875.jpg
 ワンポイント。相変わらず距離が縮まらない。


e0293448_20101179.jpg
 デカパン(三馬鹿)


e0293448_2019391.jpg
 巨体がかなり縮んだ気がする。


e0293448_20102879.jpg
 そしてアカ松(三馬鹿)。後ろに居るトド松は三馬鹿ではないが同じ位古株だ。


e0293448_2013356.jpg
 三馬鹿のなかで一番早くやつれが現われたアカ松だが今は少しもち直してている。


e0293448_20175796.jpg
 ジロ吉も一時急に老けた時があったが今は三馬鹿の中では一番若々しい。
 猫は10歳位まではまったく年をとらないように見えるが10歳過ぎると徐々にではなく
 ストン、ストンと階段を降りるように年をとるのだとか…

e0293448_20243590.jpg
 新しいトリオのうちのシャム雄(仮名)


e0293448_20263056.jpg
 もう当然のように膝に上がって来る。


e0293448_2027669.jpg
 シャム系のコは人懐こいのが多い。
 アルファルファ(ウズラ)、芳雄シャム子など…みな好いコだったが今はもういない。


e0293448_212439.jpg



e0293448_21242015.jpg



e0293448_21163640.jpg
 自分もかまって欲しそうなキジ男(仮名)。塀際のオネエとかオニイの血縁かな。雰囲気が似ている。


e0293448_21205083.jpg



e0293448_21245380.jpg



e0293448_2125780.jpg

by tettuann | 2014-04-19 19:42

0406─クマの首輪

e0293448_23105443.jpg
 チャトラン
 久しぶりにG坂から廻る。

e0293448_23124569.jpg
 ムチ男が一緒にいたのだが草の陰に入ってしまったのでいい構図で撮れなかった。
 二日酔いに寝不足が輪をかけて胃の調子が悪かったのでムチ男のご機嫌をとって撮り直す気力なし。

e0293448_23192360.jpg
 寅次郎


e0293448_23201836.jpg



e0293448_23202916.jpg
 続いて坂下へ行くと定位置にクマがいた。


e0293448_23213765.jpg
 首輪をつけられている。 地域猫なのに首輪?
 不二子が生きていた頃からこの二匹にはファンが多いのでそのうちの誰かがつけたのだろうか。
 首輪つけるのならウチに連れて帰れよと思ったのだが事情を知らないので何とも…

e0293448_23265753.jpg



e0293448_23271551.jpg



e0293448_23273234.jpg



e0293448_23274625.jpg



e0293448_23281761.jpg
 ジョン・寅・ぼる太 さらに指出しゾーンへ進む。

e0293448_23291460.jpg
 チョビ髭が歓迎してくれた。


e0293448_23294336.jpg
 ウザ坊 そしてメインへ。


e0293448_23304387.jpg
 アカ松


e0293448_2331097.jpg
 ロクさん


e0293448_23311579.jpg
 アイちゃん


e0293448_23313193.jpg
 バリ子


e0293448_2331471.jpg



e0293448_2332167.jpg

by tettuann | 2014-04-14 23:12

0321─モーニング

e0293448_311628.jpg
 モーニング


e0293448_3121437.jpg
 白黒ゾーンに行くとボヴが来ていた。


e0293448_3134299.jpg
 ライヨン
 この時、どう見ても日本人に見える若い女の子が英語で話しかけて来た。時々片言の日本語が混じる。
 「他にもっと猫は居ないのか」と言っている。多分この霊園に猫が沢山いると聞いてやって来たのだろう。
 金持ちの中国人かと思ったのだがよく考えると帰国子女なのかもしれない。
 そう言えばこないだもD800に24-70のナノクリをつけた外人が都内で他に猫の沢山居る場所はないかと聞いてきた事があった。 

e0293448_3142836.jpg
 久しぶりに指出しゾーンに行くとチョビ髭が迎えてくれた。


e0293448_3262527.jpg
 最初は少し警戒気味だったがすぐ思い出してくれたようだ。


e0293448_3292213.jpg



e0293448_3293347.jpg



e0293448_3294521.jpg
 メインストリートへ行くとウザ坊が。


e0293448_3301477.jpg



e0293448_3302838.jpg
 ロクさんも出て来た。


e0293448_3304855.jpg
 そしてオニイも。


e0293448_3311137.jpg
 タマ地区にはオッサン(花=トト雄の妹)が居た。


e0293448_331243.jpg



e0293448_3311879.jpg



e0293448_33132100.jpg



e0293448_3314898.jpg
 オッサンをかまっていると隣からハチワレがやって来た。


e0293448_3324869.jpg



e0293448_3331485.jpg
 何と続いてモーニングもやって来た。随分久しぶりだなあ。


e0293448_3344020.jpg
 フサフサの毛におおわれて見かけはポッチャリしているが体を撫でると前にもましてガリガリに痩せている。
 それでも何年もこうして元気でいるのは不思議だ。一応飼い猫なのだが。

e0293448_339772.jpg
 峠を越えて坂下へ行くとクマが。


e0293448_339243.jpg
 そのままG坂へ。寅次郎もたまには撮ってやらないと。


e0293448_3395879.jpg
 チャトランも元気そう。


e0293448_3423172.jpg
 そして最後にムチ男。
by tettuann | 2014-04-03 03:50